スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  FC2ランキング
Guri and Gura's Special Gift
2009.04.18 Sat
Guri and Gura's Special Gift (Tuttle for kids)著者: Rieko Nakagawa
イラスト: Yuriko Yamawaki

Level: 1.5
Words: 900(概算)
満足度: ☆☆☆★★


引っ越すと一番最初に、と言っていい程の優先度で私が行うのが最寄の図書館チェック。蔵書はもちろん、閲覧室の雰囲気、開館時間。CDやDVDの充実度、駐車場の利用のしやすさ、などなど。今度の最寄図書館は比較的新しくて、雰囲気もいいし、場所も時間も利用しやすいのですが・・・残念ながら蔵書がかなり寂しい感じです。和書からしてそうなのだから、洋書なんてとてもとても。今まで出会った図書館でワースト1ですね(T_T)

今までが恵まれ過ぎていたのかもしれませんが。田舎な場所なので大学等もないし、職場も同じ市内。県庁所在地からは離れているので県立図書館も遠い。今後、洋書はまた購入のみに頼るしかなさそうです。

そんな市立図書館にたった4冊だけあった英語絵本。むさぼるようにその場で読んでしまいました(笑)。これはそのうちの1冊です。
・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  野ねずみのぐりとぐらのうちに、ある日お客さんがやってきました。彼女の名前は
  すみれちゃん。すみれちゃんの大きなリュック中から出てきたのは、とびきり大きくて、
  とっても固いかぼちゃ。ぐりとぐらは、こんなおおきなかぼちゃをどうやって切ったら
  いいかわかりません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご存知『ぐりとぐら』シリーズの「ぐりとぐらとすみれちゃん」の英語版。小さい頃から『ぐりとぐら』が大好きで、彼らのカステラを夢見て育った私ですが、「ぐりとぐらとすみれちゃん」を読んだのはこの英語版が初めてです。それにしても、"すみれちゃん"が英訳本の中では"Violet"になってしまうのはものすごく違和感(-''-)

すみれちゃんというのは実在の女の子で、幼くして病気でこの世を去ってしまいました。ぐりとぐらが好きだったすみれちゃんのことを、ご両親が作者さんへのお手紙に書いたところ、お話の中に登場させてくださった、というのは有名な話。本を読んだことがなかったクセに、こういうことだけは知っていたので、色々と考えながら読んでしまいました。きっとすみれちゃんはカボチャが大好きだったんでしょうね。でもこうして、世界中で愛される絵本の中にすみれちゃんは今もいます。

そして・・・相変わらずなんてこのシリーズはお腹がすくんでしょうか(笑)。どうして山脇さんの描かれるイラストはこんなに美味しそうなんでしょうか(^^; ほんわかほっこり、そしてお腹の鳴る1冊でした。
[洋書書評]絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑ FC2ランキング
<<A Fine White Dust | ホーム | ご無沙汰してます(^^;>>














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://bilingal.blog54.fc2.com/tb.php/372-58a3d72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。